うつ病に現れる症状をチェック【つらい症状を軽減させる】
男性

それぞれの種類と特徴

うつ病はいくつもの種類に分類されて、それぞれ原因や症状が異なっています。そして、発症しやすい人は、ストレスや環境の変化などがあり、さらにはまだ未解決な部分が多いですが、遺伝や生物学的も関わっていると言われています。

女性

生理学的要因について

うつ病はモノアミン神経伝達物質が大きく関わっていると言われており、それを調整する医薬品を服用することで症状が緩和・改善されることがあります。ストレスを溜めこまないためにも、予防方法としてリフレッシュする必要もあります。

手

うつを改善するために

うつ病の治療法には大きく休養と薬物治療と心理的療法の3つを挙げることができ、それらを組み合わせて治療が行われます。また、環境を大きく変化させることでも症状を改善できるケースがあり、専業主婦なら働きに出るのも一つの手段だと言えます。

太陽の光を浴びる大切さ

男性

冬の季節は要注意

冬の季節になると発症するうつ病があります。それが「冬季うつ病」という病気です。なぜ、冬になると発症する人がいるのかといいますと、現代では室内で長時間仕事や学業を行う人が多くなり、外に出る時間が少なくなっていることにあります。外に出る時間が少なくなれば、太陽の光を浴びる時間が減ってしまいます。現代では、紫外線の影響から日の光にあたるのを避ける人もいます。しかし、太陽の光を浴びれば脳内にセロトニンを分泌させることができます。セロトニンとは脳内神経伝達物質の1種で、脳内に分泌されることで脳細胞が活性化し、ストレスに強い精神にさせることができます。うつ病はセロトニンが極度に減少していることがあり、それが原因で発症するのではないかと考えられていることもあります。冬の季節は、太陽が昇る時間帯が短くなります。室内で長時間作業を行えば、作業が終わるときには日が沈んでおり、空が暗くなって帰宅することになります。十分に太陽の光を浴びることができず、その影響からセロトニンが分泌されずにうつ病の症状があらわれ苦しむ人が現代では増えています。その症状は、よく言われている抑うつ病と似た症状で、落ち込みが激しく、意味なく泣いてしまうこともあります。常に緊張感があり眠れなくなることもあれば、モチベーションが上がらずに何もかもに対してやる気を失ってしまうこともあります。室内にいる時間が多い人は、なるべく太陽の光を浴びるよう意識することが大切です。10分だけ外に出て散歩するだけでも、体の調子は大分変化します。冬季うつ病を発症した人の症状は、突然現れるよりも徐々に現れる場合が多くあります。「最近元気が出てこない」「なんだか、やる気が出てこない」「ここにいても仕方がないのではないか」など、徐々に自分自身をマイナスにとらえるようになり、いつの間にか毎日落ち込むしかない状態になります。仕事をすれば「いつか怒られるのではないだろうか」と不安を感じ、突然泣き出してしまうこともあります。学業の場合は、良い成績を取れなければどうすれば良いのかと、自分を追い込んで嘆くこともあります。しかし周囲も本人も、自分自身が冬季うつ病を発症していることに気が付いていない場合が多々あります。「ただ単に甘えているだけだろう」「疲れているのだろう」と、周囲も本人もそう考えてしまい、その症状をそのまま放置する人も少なくありません。現に症状を放置すれば、太陽の光を浴びる時間を増やさない限り改善させることは厳しくなります。もし病気になり、太陽の光を浴びる時間を作ったとしても、その時すぐに良くなるわけではありません。習慣的に浴びなければ、つらい症状を軽減させることができません。もし病院で治療をすることになった場合は、太陽の光と似た光を出すライトの光を2時間以上浴びて治していきます。普段の生活の中で紫外線を気にして日光を避けるのも健康的に大切なことになります。しかし、日光から得られる栄養成分もあるということを理解し、脳の活性化につなげられるよう、できるだけ日光を浴びることができる時間を作ることが必要です。

Copyright© 2018 うつ病に現れる症状をチェック【つらい症状を軽減させる】 All Rights Reserved.